ベストのシルクプリント事例

実は1年前の『もったいないフェア2018』出展する事を機にスタッフの皆様でお揃いのベストを検討したいと御相談をいただき製作させていただきました。
しかしながら、2018年の開催は、台風24号の接近により悪天候、交通機関への影響が予想されたことから、イベント自体が「開催中止」となってしまいました。

しかし、今年は晴天にも恵まれ1年越しでスタッフ皆様お揃いのベストを着用しイベントに参加されたと聞き、弊社スタッフも一安心で何より嬉しい限りでした。

その際の写真をいただく事ができましたのでご紹介致します。

平成理研株式会社様が出展参加した内容は、
不要になった木材を使用した『手作りおもちゃ』が作れるブースにされ、廃材を使用して自分で作れることから沢山の方が興味をもたれ、ブース内は賑わい小さなお子様から大人の方までに好評だったと伺いました。
きっと、素敵な思い出作りが出来たことと思います。

さて、製作いただいたベストですが、機能性を重視したハイパフォーマンスベストです。
メーカー:トムス(PrintStar)
品番:00068-RSV
品名:リフレクスポーツベスト
カラー:オレンジ
サイズ:F・XL・XXL
・表地・背面 ポリエステル100% (表地:高密度タフタ 背面:メッシュ)
※背面にメッシュ生地を使用しているため、通気性に優れた商品です。
・機能:背フラシ・反射素材・透湿撥水・背裏メッシュ
・パイピング部分には反射素材を使用しています。

イベント用としては、コストパフォーマンスに優れ尚且つ、

カラー展開も豊富で大変人気がある商品をお選びいただきました。
数多いカラー展開の中でお客様がお選びいただいたベストの色はオレンジでした。

企業の代表として参加されるスタッフの方だけに、無地では無く、

後加工でロゴマークを施すことになり、今回は左胸・背中の2箇所、

それぞれ3色シルクプリント加工を施させていただきました。

出来上ったベストは遠目から見ても、一目で判り企業アピールも高かったと思います。

加工方法としては、シルクプリント加工を施しました。

シルクプリント(シルクスクリーン)

版を作成し、版画の要領で繊維に直接インクを付着させる

最もポピュラーなプリント方法であり、最も技術の必要な印刷方法です。

20枚以上の中ロット~1000枚以上の大量ロットまでに適したプリント方法です。

プリントの耐久性も非常に強く、細いデザインの再現も出来るプリント方法です。

又、生地と同じ様にプリント部分が劣化して行く傾向があり、

古着の様な味の出る技法でもあります。

縫い目、段差などの上にプリント出来ない、愛称が悪い生地があり

プリント出来る物に制限が有ると言う事と、

プリントサイズ、プリント位置の変更や少量の追加注文など、

価格が大きく変動してしまうと言うデメリットもあります。

(追加注文が予想される場合、予め余分に注文して頂く事をお薦めします。)

<お客様のお声>

オレンジ色のベストで、出展会場では大変目立っていて良かったと好評をいただきました。

しかし、今年は天候も良くベスト着用は暑かったかな・・・の声も聞こえました。

《お客様情報》

平成理研株式会社

本社 〒321-0912 栃木県宇都宮市石井町2856番地3
TEL(028)660-1700㈹ FAX(028)660-1837

http://www.heiseiriken.co.jp

栃木県宇都宮市に本社、群馬県、茨城県、福島県、宮城県に営業所を置き、環境計量、飲料水分析、環境アセスメント、労働安全衛生法に基づく作業環境測定、ビル管法に基づく空気環境測定、その他環境に係る分析測定を行っております。

また、環境対策として各種処理装置、各種プラントの設計・施工・メンテナンスと一貫したシステムを構築し、高い技術力と豊富な経験に基づき、高品質・高効率を保障いたします。

ボイラ・給水・空調設備の水にかかわる障害防止と障害除去ならびに省エネルギー・省資源・省コストに寄与する最適な水処理薬品の製造、販売をいたしております。