夏のお祭り時期にあわせて、Tシャツの追加ご注文と今回初めてパーカーのご注文を頂きました。

Tシャツは、生地が厚めで丈夫なものとのご要望でしたのでフェリックOE1116 オープンエンドマックスウェイト6.2オンスTシャツをご提案させて頂きました。

OE1116 オープンエンドマックスウェイト6.2オンスTシャツはTシャツとしては生地が厚く、襟部分はひと手間加えた二本針縫製となっております。カラーバリエーションとサイズ展開も多いので、年齢・性別問わずチームウェアを作成する場合には適した商品となります。

パーカーも同じく厚手をご希望でしたので、キャブ 5511-01 12.0オンス ヘヴィーウェイト スウェットフルジップパーカ をお選び頂きました。

キャブ 5511-01 12.0オンス ヘヴィーウェイト スウェットフルジップパーカの裏地は、ふんわりと柔らかな感触をもち、保温性が高い【裏起毛】タイプになります。

一度作成した版を他アイテムにも使用して印刷できるのがシルクプリントのメリットになります。

弊社では版を最後のご注文から2年間保存しておりますので、一度作成されたお客様は他商品もご注文いただけますと、オールシーズンを通してオリジナルウェアをお楽しみ頂けます。

上深津囃子保存会 様の背中のイラストは、原画の画像データをお預かりして弊社でイラストレーター(AI)データに変換したものになります。

イラストレーターデータは、拡大・縮小の影響を受けず、画像が荒れないのが特徴です。

同じデータでTシャツの印刷から大きい垂れ幕まで使用できますので、

スポーツチームのウェアを作成した際のイラストレーターデータを使用しての横断幕などの作成も可能です。

書道の先生が書いた文字や、お子様が描かれた似顔絵などもデータ化してウェアに

印刷することが出来ます。

原画作成には注意事項もございますので、作成や描画まえにご相談ください。

ちなみに、上深津囃子保存会様はインク色をあえてブラウンとグレーという組み合わせでお選び頂いています。調色してご希望の色を作成することもできます。

パーカーですとデザインの上部が隠れることがありますので、

Tシャツなどに比べると、やや下のほうに印刷するのが通例ですが、完全にデザインが見えるようにしたい場合は、ギリギリ下に印刷も可能です。

今回の印刷位置は弊社のベテランの印刷担当にお任せいただきまして、ご満足頂けたようです。

デザインと相まってかっこいいウェアが完成いたしました。